検索バナーを置いておきますので、ご自由にお使いください。写真はあくまでも参考です







私は父親側の遺伝で、甲状腺機能低下症(橋本病)になった。


「この病気の症状は


昼夜を問わず眠く、全身の倦怠感が強く、記憶力や計算力が低下。


体温が低くなり、皮膚が乾燥して、夏でも汗をかかなくなる。


顔がむくみ、脱毛が起こり、カツラが必要になることもある。


頭髪だけではなく、眉毛も外側3分の1が抜ける。


声が低音化してしわがれ、体重が増え・・・」


私の学生時代は最悪だった。


思い起こせば小学校の高学年頃からいきなり体重が増え始め、


痩せるためにと、中学に進んですぐ運動クラブに入ったが


走っても走っても発汗せず顔がうっ血して赤紫になるばかりで、


少しも痩せなかった。


そして記憶力が悪いからか、すぐに疲れるので成績が落ちてゆき、


勉強が嫌いになってしまった。


不思議だったのは髪の毛の量が、他の子と比べて大変少なく、


三つ編みなどしようものなら


割りばしくらいの細さになってしまうのだ。


体はよく肥えているのに髪は痩せ細っている、


何故なんだろう・・・私は自分が惨めでならなかった。


それがだ、大学に入学して初めての夏休み、


何も心当たりがないのに一週間で4sも体重が減ったのだ。


まさに青天の霹靂ともいえる減量、


今こそダイエットをやったら絶対成功するという確信があった。


それで炭水化物ダイエットを始めたら、


何と一か月で20sの減量に成功。


洋服ガバガバ、笑いが止まらなかった。


夏休みが終わって学校に行ったら、


私は一躍有名人(クラスの中で)になっていた。


それから数年、結婚して二人子供が授かり、


子育てがひと段落ついた頃、


床をのたうち回るほどの頭痛と吐き気に襲われ、


病院で検査してもらって橋本病が判明した。


私の生家は病院行かないというか


救急車で運ばれないかぎり縁がないのだ。


だから、あのとき酷い頭痛が起こらなかったら、


おそらく私も病院に行かず、橋本病だと知らずにいたはずだ。


あれは何だったんだろうと不思議に思うほど


頭痛はピタリと治まった。


橋本病も毎朝飲む薬で解決。


太った体は痩せはしなかったが、それ以上体重が増えることもなくなった。


気になっていたのは髪で、


もともと少ない髪が脱毛のせいで


より一層少なくなったように思った。


シャンプーする度に大量に抜け、


手でさわっても何本か抜け落ちる。


このままではハゲになるのではと


シャンプーを色々変えてみたけれど


抜け毛は改善されなかった。


それが、いつのまに改善されたのか今では抜け毛が少なくなり


シャンプー後、排水溝の受け網にほとんど髪が残らなくなった。


(今愛用しているノンシリコンシャンプー、手触り良く髪に艶がでる)


(同じ商品で、しっとり感がある。私は冬用はこっち)


脱毛は橋本病のせいだとしたら、体のすべての不調に治療薬の効果が出るのには


年数がかかるということなんだろうか、


それとも今のシャンプーの品質が向上したのだろうか、


と、ここまで書いてきて、思い出したのはサプリ。


そういえばサプリを飲むようになって


体調がどんどん良くなってきているように思う。


どんなものも「継続は力なり」なのかなあ。


でも、体に良いサプリだからこその結果だと思う。


蓄積する毒だったら今頃えらいことになっているはずだ。





(便秘によく効くデキストリン)




下の猫娘ちゃんバナーを押してメッセージをお願いします。





TOPに戻る